Just another WordPress site

面接対策

飲食業界に転職するための面接対策

飲食店が常に抱える問題である人手不足。一見、面接などは他業種に比べ通過しやすいように見えますが、実際は厳しく、最終面接でも高倍率であるところも少なくありません。では、その面接に落とされないようにするにはどのようなところが見られ、どのような受け答えをすれば良いのでしょうか。

まず一番大事なことは、転職で飲食店を選んだ理由がしっかりしてなくてはいけません。飲食業界は他業種に比べ拘束時間も長く立ち仕事のため前職に飲食店を経験してない人は、前職に比べ仕事内容がハードになる可能性が高いです。お客様と接したいや笑顔を見たいという単純な理由では通過しません。組織という話に重点を置いたり、企業の風潮についての魅力を話すことで通過率は高くなります。

また、飲食店はハキハキとした受け答えや元気が求められます。入店してから元気がない人はお客様からのクレームに繋がったり、組織の上に立つものとして部下などがついてきてくれないと様々な問題が出てくるからです。どんなに知識があり、リーダーシップがあっても飲食業界には転職できません。また、前職が同じ飲食業界で転職する人は、前の会社ではダメなのか必ずといって言いほど聞かれます。なので、前の会社と受ける会社の徹底的な違いを言えるようにするのが望ましいです。それに加え、専門知識を試される可能性が高いです。前職での店舗における原価率、人件費、人時などその数値で自分がどのように行動して結果を出してきたか求められます。どんなに結果が出ていても結果にいくまでの方法が弱ければ不採用になります。結果を重視するのではなく、結果までの方法が面接する人は知りたいのです。

転職で飲食を選ぶということは、それなりの覚悟が必要です。生半可な気持ちではすぐに見抜かれ落とされます。元気があるだけでなく、知識があるだけでなく、知識面、行動面とその両方を持っている人が採用されていきます。人柄重視はもちろんありますが、上にたっていく者として経験や知識も必要なのです。また面接時だけ元気に対応することは、なかなかできるものではありません。普段から常に明るく接することで自然とできる笑顔やハキハキした話し方のスキルを学ぶ必要があります。また、普段からそれができなければ飲食業界に転職された後に、とてもきつく後悔する可能性も低くありません。後悔しないためにも、今後どのように働いていきたいか、イメージしながら試験を受けていくことで成功に近づけていきます。